ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

【しまった!!の前に】一人暮らしで寝坊しないためには

 

一人暮らしをすると、様々な事に責任をもって自分一人でしなければなりません。中でも失敗すると致命的なのが「朝ちゃんと起きる事」です。
一人暮らしでは誰も起こしてくれません。寝坊しないために取るべき対策をお教えします。
GoodMorning

規則正しい生活を

至極当然な事ですが、充分な睡眠を確保できれば、朝になると自然に目が覚めます。一人暮らしにありがちな、ダラダラと深夜まで起きているという生活なら、その習慣から改めましょう。早い時間から布団に入っているのに、なかなか寝付けなくて気づけば朝という人は、日光に当たる時間が不足している場合があるそうです。一人暮らしでも、朝起きたらカーテンを開けて日光を取り込み、昼間少し外を散策するだけで、寝つきが良くなると言います。
簡単に実践できる対策なので、思い当たる一人暮らしの人は早速やってみてください。

スポンサーリンク

Ads2

 

目覚まし時計は数歩先に

一人暮らしでなくても定時に起きるために必須の目覚まし時計ですが、布団から手を伸ばして届く所には置かず、充分にアラーム音が聞こえて、なおかつ、布団から起き上がらないと止められない場所に置きましょう。それでも駄目な場合は、数分置きに鳴る目覚まし時計を複数用意するのも良い手です。
ただ、一人暮らしに多いマンションでは壁が薄い場合があるので、隣近所に迷惑にならない程度にする事も必要です。
目覚まし

 

好みの朝ごはんを用意

食べるのが好きな人に有効な対策です。自分だけの特別な食事を用意できるのは、一人暮らしならではでしょう。「明日はあれが食べられる」と思いながら寝ると、すんなり目が覚めるはずです。また、朝食をしっかり摂るのも規則正しい生活への一歩です。乱れがちな一人暮らしを見直してください。
和朝食

 

冬の朝には暖房

寒くてまた布団に潜り込んでしまうという人は、起床時間前に暖房が付くようにタイマーをセットするのもお勧めです。節約が必要な一人暮らしですが、寝坊しては元も子もないので、この時ばかりは必要経費として割り切りましょう。

 - 一人暮らし, 屋内 ,