ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

一人暮らしの最適な間取りとは?丁寧に解説します。

 

一人暮らしを決めた時、大概は不動産屋さんに行って物件を探すと思いますが、様々な間取りの種類があって迷ってしまうかもしれません。
一人暮らしに相応しい間取りはどのようなものか、ご説明しましょう。
間取り①

1R

「ワンルーム」とも呼ばれる、キッチンと居間が仕切られていない間取りです。家賃が安めなので、一人暮らしには選びやすい物件になっています。しかし、この一体化で厄介な事が多くなるのも事実で、まず、料理する場所が狭い、料理すると部屋中臭うなどが挙げられます。それでも、資金不足の一人暮らしで1Rしか選べない時は、せめて居間の横にキッチンがある間取りは選ばず、玄関から居間までの廊下部分にキッチンがある間取りを選ぶといいでしょう。

 

1K

1Rに次に一人暮らし用として選ばれているのが、キッチンを独立させたこの「ワンケー」です。この間取りだと、料理時の悩みは解決します。ただ、居間は1Rに比べて小さくなる傾向があり、家賃も少し高いですが、その分を何とか出せるなら、一人暮らしでも1Kを選んでください。

スポンサーリンク

Ads2

 

1DK

少し生活に余裕がある一人暮らしなら、ダイニングとキッチン用の空間が4.5帖以上8帖未満の「ワンディーケー」という間取りを選ぶのもいいでしょう。この間取りだと、料理するスペースが取れ、また食事する空間も居間と別にできます。一人暮らしのゴチャッとした雰囲気が解消されます。

 

1LDK

さらに一人暮らしとして充分な住空間になる「ワンエルディーケー」という間取りがあります。リビング、ダイニング、キッチン用の空間が8帖以上ある間取りを言います。これだと、ベッドルームを分ける事ができるので、優雅な一人暮らしが送れるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
生活スタイルにあった間取りを選択できることを願っています。

 - 一人暮らし, 屋内, 賃貸 , ,