ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

一人暮らしを素敵に彩るインテリアの5つのコツ

 

一人暮らしを始めたら、実家ではできなかった自分好みのインテリアを楽しみたいと考える人は多いと思います。
しかし、一人暮らしの部屋となると、あまり広さを望めないのが一般的です。
コツをつかんで、格好良く快適な一人暮らしのインテリアを目指しましょう。

インテリア1

部屋の大きさを把握

好みのインテリアに合う家具を買っても、置き場所がないという目に遭わないためにも、しっかりとメジャーを使って、天井の高さまで測ってください。
一人暮らしの全般に言えますが、きちんと身の回りを知る事が大切です。

必要な家具を選択

これから送る一人暮らしで、必要不可欠な物をピックアップしておくと、インテリアを考える上で役立ちます。
学生だからデスクは絶対とか、ベッドでしか眠れないとか、個人の事情が出てくると思います。
見た目のインテリアが良くても、一人暮らしが苦痛になっては元も子もありません。

家具の配置を考える

一人暮らしを始める際、実家から持ってくる家具があるなら、それを中心にすえた後、買い足す家具を選ぶと悩む幅が狭まります。
また、ベッドといったインテリアの中で大きな物から配置するのもいいでしょう。
紙などに書いて考えると、具体的に計画が立てられます。

スポンサーリンク

Ads2

インテリアのスタイルを決める

一人暮らしの住まいはワンルームが多いと思いますので、やはりインテリアに統一感があったほうが、オシャレですっきりと見えます。
しかし、全部買い換えるのは一人暮らしなのにたくさんのお金が必要なってしまいます。
そこで例えば、北欧風にしたいのにパイプベッドしかないという場合は、ベッドカバーを緑系や茶系にし、買い足すコーヒーテーブルは木製にすると、ナチュラルとモダンが共存する北欧風に充分変身できます。
雑誌やサイトなどを見て、自分の理想のインテリアの参考にするといいでしょう。

収納を工夫する

一人暮らしで常に問題になるのが収納です。
素敵なインテリアは片付いているのが前提ですので、物が溢れかえっているのは頂けません。
引き出し付きのベッドや多機能なデスクなどを活用して、整理整頓を心掛けましょう。

 - 家具・家電, 屋内 ,