ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

部屋に合ったサイズのベッドを置こう!一人暮らしのベッドの適切なサイズとは

 

一人暮らしを始めるあなた、もう既にしているあなたのために、
適切なベッドの選び方についてご紹介します。

ベッド1

1人暮らしのベッドのサイズ

ベッドのサイズは、マットレスのサイズによって異なります。 ベッドの横幅はマットレスの横幅に数cm加えた長さです。 セミシングルのサイズは80~85cmあり、小柄な女性に適しています。シングルサイズは97~100cmありスタンダードなサイズです。セミダブルは120cmあり、ゆったりできます。

 

1人暮らし部屋のサイズとベッド選び

6畳の1人暮らしの部屋は、シングルサイズのベッドがおすすめです。 ソファや収納付きベッドなどを使用すれば狭いお部屋でも広く見せることが出来ます。8畳の1人暮らしの部屋でスペースを広く作ってソファなどを置きたい場合は、シングルサイズのベッドがおすすめです。 ゆったりと眠りたい方は、セミダブルサイズのベッドがおすすめです。 10畳の1人暮らしの部屋は、余裕があるためセミダルサイズのベッドが置けます。 12畳の1人暮らしの部屋は、フルサイズのベッドが置けます。

スポンサーリンク

Ads2

 

1人暮らしの部屋を広く見せる

ベッド下の空間を有効に使えるロフトベッドやベッドとして利用できるソファベッドも1人暮らしの方に人気があります。 ロータイプのベッドは、1人暮らしの部屋を広く見せることができます。ベッドフレームの高さが低いほど、部屋を広く見せることができます。また、マットレスまでの高さが330mm以上あれば立ち座りがしやすいです。

 

ベッドのサイズと1人暮らしの部屋のスペース

ベッド2

ベッドの左右は、人が通れるスペースを50~60cmは空けましょう。ベッドを壁側に置く場合は、シーツを敷く必要があるため10~20cmの空間を空けます。たんすやクローゼットがある場合、引き出しや扉が開閉できるか確認します。

引き出し収納付きのベッドの場合、ベッドのサイズとともに引き出したときのスペースが必要になります。 ベッドを出し入れするのに100cm程の空間が必要です。 購入する前には、ベッドを設置する部屋を測って選ぶ必要があります。

1人暮らしの部屋の導線、空間を確保してベッドを選びましょう。

 

 

 - 家具・家電, 屋内 , ,