ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

知らなかった!シェードカーテンの特徴と注意したいこと

 

シェードカーテンとは上下に 昇降するタイプのカーテンで、カーテンと同じ生地にすることができます。シェードカーテンは、コードを操作して昇降させ、生地を平行に畳み上げます。

スポンサーリンク

Ads2

コード式とドラム式

シェードカーテンの操作方法には「コード式」と「ドラム式」があります。これは、生地を巻き上げる機械の構造上の違いです。コード式は、操作部分が紐で、 ブラインドと同じく引いた分だけ上がり、ストッパーを解除すると自重で降下します。小窓に適しています。ドラム式は、操作部分がプラスチックのボールチェーンで引くと昇降コードが巻き取られ生地が上がります。ストッパーを解除すると一定のスピードで下降します。大きな窓に適しています。

 

正面付けと天付け

シェードカーテンには 「正面付け」と「天付け」という2種類の取付位置があります。正面付けは、窓枠より大きいシェードを枠上の壁に取り付けるため光が漏れにくく、開口部分が大きいのが特徴です。天付けは、シェードカーテンを窓枠の内側に付ける付け方です。出っ張りはありませんが、光が漏れやすく開口部分が小さくなります。

 

種類

シェードカーテンには、プレーンシェード ( ローマンシェード) 、ダブルシェードシャープシェード、バルーンシェードなどの種類があります。プレーンシェードは、切り取った一枚の生地を昇降させ、ダブルシェードは、プレーンシェード2台を1台のにまとめたものです。シャープシェードは、生地の裏に横バーが均一に縫い付けてあり、折り畳むことができます。 横バーがあることで生地に弛みがでません。バルーンシェードは、裾がバルーンの形になっています。

 

カーテンとシェードカーテンの組み合わせ

カーテン1

シェードカーテンは、ドレープカーテンとレースカーテンを自由に組み合わせすることができます。しかし、縦型(バーチカル)ブラインドとカーテン、ロールスクリーンとシェードカーテンなど似た形状のものは、組み合わせが良くない場合があります。

 

購入時のオプション

シェードカーテンをショップで購入する場合、いろいろなオプションを付けることができます。 遮光性・断熱性を上げる裏地を付けたりカーテンの裾や縁、上飾りなどを装飾するトリムやテープ状のブレードなどのアクセサリーを付けたりすることができます。また、形状記憶加工をかけることもできます。

いかがでしたでしょうか。シェードカーテンでおしゃれな部屋を目指しましょう!

 

 - 家具・家電, 屋内 ,