ひまぐらし

一人暮らしの方のための 暇つぶし & お役立ち 情報サイト

ベッドを処分する3つの方法

 

悩まされる、要らなくなったベッドの処分。
どのように処分すれば良いのかまとめてみました。

処分

ベッドの処分方法

ベッドの処分の方法は「自治体に粗大ゴミとして処分してもらう」「粗大ゴミ回収業者に処分してもらう」「リサイクルショップに処分してもらう」方法の3種類があります。

 

自治体にベッドを処分してもらう

自治体では、粗大ゴミとしてベッドを引き取り処分してくれます。(自治体によって異なります) 例えば東京の新宿区の場合、事前に自治体に連絡をして粗大ゴミシールを購入する必要があります。粗大ゴミシールの金額は、ベッドのサイズによって決まります。運び出しが困難な65歳以上の1人暮らしの方や身体に障害のある方は、 作業員の方にお手伝していただけます。上記に当てはまらない方は、原則としてベッドを解体して自分でゴミ捨て場まで運ばなければなりません。

 

粗大ゴミ回収業者に処分してもらう

粗大ゴミ回収業者とは、粗大ゴミを回収・処分してくれる業者です。 業者によって回収するときの値段が異なります。 粗大ゴミ回収業者に都合の良いベッドの引取り日時を連絡すれば、指定した日時に業者の方がベッドを回収してくれます。 自分でベッドをごみ捨て場まで運ぶ手間がありません。

 

リサイクルショップにベッドの回収を依頼する

リサイクルショップに依頼すると、 自分の都合の良い日時にベッドを回収に来てくれ、格安または無料で回収してくれます。ベッドの状態によっては、料金を頂ける可能性もあります。まず、リサイクルショップに連絡してショップの方に家まで来てもらい査定をしてもらいます。無料の出張査定を行っているリサイクルショップもあります。ベッドは、ショップの方が回収してくれる場合がほとんどです。

 - 家具・家電, 屋内 , ,